女性

ニート女性のデメリットとリスクを徹底解説

投稿日:

就職や学業に従事することなく自宅で過ごすニートは現代の社会問題です。

ニートの生活は確かに気楽かもしれませんが、予想以上にデメリットが多く、将来的にもさまざまなリスクがあります。

ここでは、女性がニートを続けることのデメリットやリスク、将来に向けてできることなどを解説していきます

 

ニートの女性はデメリットが多い

ニート女性のメリットと圧倒的デメリット

仕事をしていないニートの女性の場合、自分で収入を得ることは基本的にできません。

このような状況でも、親と同居している間は特に問題意識を持つことはないかもしれません

親と一緒に住んでいれば食費や水道光熱費などは基本的にかからないので、収入がなくても毎日の生活に困ることはありません。

 

ただ、自分で収入を得ていないと、車を買ったり海外旅行に行ったりすることは少し難しくなるでしょう。

親からお小遣いをもらいながら生活をする必要があるため、家庭でも肩身の狭い思いをする可能性があるのがデメリットです。

 

また、社会的な信用がないのもニートの女性のデメリットの1つ。

無職では、自分でクレジットカードを契約したり、ローンを組んだりすることをは難しくなります。

この手のクレジットカードやローンは、一般的に安定した収入があることが利用の条件になっています。

20代でも、正社員として働いていれば自分名義のクレジットカードを持てることが多いので、ニートは社会生活でもデメリットを感じるシーンが増えてくるでしょう。

 

ニートの女性のリスク1「経済的な問題を抱える」

ニートの女性の最大のリスクは、将来経済的な問題を抱えることです。

親が元気でいるうちは、このようなリスクを実感することは少ないでしょう。

 

ただ、親が年をとり介護などが必要になると、徐々に自分のリスクを感じるようになります。

親が働いていたり事業をしていたりすれば、ニートでもある程度豊かな生活を送れるかもしれません。

しかしながら、親の収入が年金のみになったり、病気になったりすると、生活が一気に苦しくなる可能性があります。

親が亡くなってしまったときには全く収入が得られなくなりますので、ニートのままでいると生活が困窮することが考えられるわけです。

実際、親が亡くなって家を相続すると、固定資産税などの税金を支払う必要がでてきますからね

 

また、国民健康保険税などの社会保険料も自分で負担をしなければならなくなります

収入がない場合、この手の税金を納付することも難しくなるでしょう。

無職のままで税金の納付が途絶えると、最悪の場合には財産を差し押さえられるケースもあるので注意が必要です。

親がいなくなった場合、生活費だけでなく、さまざまな費用を負担する必要がでてくる点は、早めに意識しておいたほうがいいでしょう。

 

ニートの女性のリスク2「将来孤独になる」

友人との付き合いが途絶えがちになることも、ニートの女性が抱えるリスクです。

就職や結婚をした友人と徐々に話が合わなくなり、疎遠になってしまうパターンはニートの女性によくあるケース。

実のところ、経済的な格差やライフスタイルの違いが気になって、自分から付き合いを絶つニートの女性も多いのです。

このような状況が続くと、女子会のお誘いなども徐々に減っていくことが多いです。

 

実際、次第に家に引き込もるようになり、精神的に孤独を感じるようになるニートの女性も多く見られます

親が亡くなって一人暮らしになってしまった場合には、さらに社会から離れて孤立する可能性があるでしょう。

 

喪女は非正規でなく正社員を探したほうが良い

ニートの女性のうち一定数は「喪女」と呼ばれる層がいます。

 

喪女とは

2ch(2ちゃんねる)のもてない女(仮)板にいる女性のこと。単純にもてない女性を指す言葉としても使われる。「喪服」「喪に服す」などの暗いイメージから取られたとも言われている。

 

喪女でニートしている人いる??板が代表的な生息域ですね。

長期間(3か月以上)ニートしている喪女が集まっているところですが、ここにいる人はニートを脱出しようとするときにフリーターや派遣を選ぶ人が多いです。

「正社員よりも簡単に採用されそう」「すぐに辞められそうで気楽」という理由のようですが、正直あまりおすすめできません。

 

以前に職場で嫌なことがありニートになった喪女も多く、それがトラウマで逃げ道を用意しておきたいようですが、

非正規だからこそまわりの人は喪女に強くあたります。

正社員と違い非正規はともに働く仲間だと思われていません。

あくまで一時的なお手伝いさんくらいの認識です。

 

職場の一員として認められ、良好な関係を築ける仕事をするためには「非正規でなく正社員」になるのが1番です。

 

↓これ読んでおくと就活が怖くなくなります

マンガでわかる!ニートの正社員就職
【マンガでわかる】ニートが正社員に就職するためのテクニック

  ダラダラとニートを続けしまっていても頭をチラつくのが「就職」。 ただ、今のままでも生活できているしブラック企業で社畜化するなんて絶対にイヤ。 私もそんなことばかり考えていましたが、少し前 ...

続きを見る

 

 

20代はニートを脱出するラストチャンス

ニートが正社員になれるのは20代まで

ネガティブな末路が懸念されるニートを脱出するのは、早いに越したことはありません。

実際、20代と30代とでは就職活動をする上でもだいぶ状況が変わってきます

 

例えば、正社員を募集する場合、企業側としては20代の若い人を採用したいと考える傾向があります。

新人を採用すると、一角の社員に育てるために研修などで教育をしなければなりません。

未経験で入社した新入社員が会社の戦力となってくれるまでには、だいたい数年前後はかかります。

育て上げた社員にできるだけ長く働いてもらうためにも、企業では若い人を正社員として採用することが多いのです。

 

さらに、女性の場合は、結婚や出産を機に仕事を辞める人も多いですよね

そのため、就職活動においては少し不利になるケースがあります。ただ、年齢が若ければこのようなデメリットの影響も少なくなります。

20代はまだまだこれから成長が期待できる年齢であり、意欲がある女性の応募者については、積極的に採用したいという企業もあるわけです。

 

女ニートの就職活動は効率的に進めることが大切

女ニートが就職活動をする場合、効率的に行動することが成功のポイントです。

自分が興味を持てる会社を探すことはもちろん大切ですが、就職活動の成功率を上げるには企業側の傾向もチェックしておいた方が安心です。

まずは、自分の年齢やそれまでの学歴、職歴などを振り返ってみて、どのような企業に採用してもらえそうかを考えてみましょう。

例えば、中途採用を積極的に行っている会社や未経験者が多く働いている会社であれば、ニートの状態でも採用してもらえる可能性があります。

 

逆に、新卒採用にこだわる会社や職歴を細かくチェックする会社などは、ニートの女性の場合できるだけ避けるべきです

このような企業は、応募者の経歴などにウェイトを置いて採用不採用を決めている可能性があります。

学業も仕事もしていないブランクの期間がある場合、志望動機などを読む前に選考で落とされてしまうこともあり得ます。

片っ端から応募した企業から次々に不採用通知を受け取ると、精神的にもダメージを受けるケースが多いので、応募先の企業についてはしっかりと絞り込むのがベストです。

 

また、転職や就職の相談ができるサービスを利用して、プロから履歴書や職務経歴書の書き方を教えてもらうのも合理的なアプローチです

採用担当者にネガティブなイメージを与えない応募書類を作成することが、ニートの女性が就職活動をするときのコツになります。

 

最近よく読まれている記事

マンガでわかる!ニートの正社員就職 1

  ダラダラとニートを続けしまっていても頭をチラつくのが「就職」。 ただ、今のままでも生活できているしブラック企業で社畜化するなんて絶対にイヤ。 私もそんなことばかり考えていましたが、少し前 ...

2

ニート生活は、一時的にするのであればよいかもしれませんが、長く続けると心身ともにバランスを崩す恐れがあります。 そうは言っても「ニートを脱却するために何をすれば良いかわからない…」という人も多いでしょ ...

ニートの就職に即効性がある資格 3

ニートを脱出し正社員で就職したいなら資格は強力な武器になります。 チャレンジしやすいものや就職に役立つ資格をいくつかピックアップしました。   ただ、資格で就職を狙うときに知っておきたい企業 ...

-女性
-, , , ,

Copyright© 現役ニートと一緒に学ぶ!失敗しない就職活動! , 2019 All Rights Reserved.